1. TOP
  2. 葉酸はいつからいつまで飲むの?妊娠初期?中期?後期?産後も?

葉酸はいつからいつまで飲むの?妊娠初期?中期?後期?産後も?

葉酸はいつからいつまで飲むの

葉酸は妊婦にとって必須の栄養素とも言われており、母子手帳にも葉酸摂取の重要性が記載されています。

妊娠を望む1カ月前以上から妊娠初期

妊活を行う場合には、妊娠を望む1カ月前以上から妊娠初期までの摂取が重要だと言われています。

妊娠を望む1カ月前から妊娠3か月まで

多くの研究の報告から妊娠を望む1カ月前から妊娠3か月までの摂取を意識的に行うことで、胎児の無脳症や脊椎二分症を予防することができると言われています。
妊娠中も悪性貧血の予防やつわりの軽減効果も期待できる葉酸は摂取を継続した方が良いと言われています。

授乳中

また、授乳中も母乳を作るために葉酸は働きますので、摂取を継続していきましょう。
妊活中から卒乳まで継続した摂取が重要になります。

赤ちゃんを望む男性

また、女性だけではなく赤ちゃんを望む男性も葉酸の摂取を行うことが望ましいとされています。
研究の結果、葉酸を摂取している男性の精子の染色体異常の割合が低減するというデータが発表されており、遺伝子異常によって受精しても妊娠できないという状態を改善することができると言われています。
不妊カップルの10組に1組は男性が原因の不妊とされていますので、男性もパートナーと共に葉酸を摂取することで、妊娠する可能性をあげることができると言われています。

葉酸過剰症とは?葉酸欠乏症とは?高齢出産のリスクをさげるために:葉酸の取り方・一日の摂取量

妊活中の人や妊娠中、あるいは出産後の女性は、医師からも摂取を促されますし、色んな本などにも記載されているため意識的に葉酸を取り入れるようになります。

摂取量の目安

手軽さと確実性からサプリメントを利用する人が割と多いですが、気をつけるべきは、摂取量です。
妊娠していないときには、240μgほどで間に合いますし、妊娠しているときでも400μgから480μgを摂取できれば十分です。

  • 妊娠していない時:240μg
  • 妊娠中:400μgから480μg

葉酸多すぎても少なすぎてもいけない

葉酸過剰症とは

上限が1000μgという数値を見たことがある人は、目安量より過剰に摂取しがちです。
必要以上に多く取り続けてしまうと、葉酸過剰症になってしまうことが考えられます。
発熱や蕁麻疹、かゆみなどが主な症状で、ひどい場合には呼吸障害に至ってしまう場合があります。

葉酸欠乏症とは

葉酸過剰症が怖いからと、普段から量を減らしてしまうと葉酸欠乏症になる人もいて、赤血球の働きに影響を与えてしまいます。

葉酸が欠乏すると起こる症状

赤血球の容積が大きくなる傾向が見られて、酸素を運ぶ機能が低下することから、巨赤芽球性貧血という貧血を起こします。
貧血になるほどまで状態が悪化していると、他にも自覚症状として口内炎、食欲不振や下痢による体重減少を起こす事が多いです。

葉酸は適切な量を守りましょう
体に多大な影響を与える栄養成分ですから、適切に摂取して、葉酸過剰症や葉酸欠乏症にならない予防をしましょう。

高齢出産 リスク

高齢出産のリスクをさげるために:葉酸の取り方

近年は晩婚化の影響で高齢出産をする女性が増えていますが様々なリスクが伴います。
リスクを下げるためにはいくつかの方法があります。

葉酸の摂取

出生前診断のときにも色々と指導を受けることになりますが、自分でも注意すれば出来ることがあります。
一つ目が葉酸の摂取です。
葉酸は水溶性ビタミンの一種でレバーや豆、緑黄色野菜などに含まれていますが、卵子や精子の働きに良い効果を与えて染色体異常を予防する効果もあるのでサプリメントなどで積極的に摂取するのがおすすめです。

バランス良い食事

次にバランス良い食事も大切で特に塩分やカロリーの過剰摂取は避けたほうが良いです。
高齢出産だと妊娠に関した異常以外に母親の高血圧や糖尿病にもかかりやすいリスクがあって、悪阻が酷くて揚げ物やお菓子ばかり食べたりすることもあります。
無理に食べるとストレスになるので悪阻の時期が過ぎてからバランスの取れた食事を摂るのが望ましいです。

運動

また、高齢出産は既に筋力や体力がピークを過ぎて衰えていく年齢です。
分娩では骨格や内臓にも影響がありますが、普段の生活だと腹直筋や恥骨筋、骨盤底筋などは鍛えにくいです。
そこで重要なのがウォーキングやマタニティのヨガやエアロビクスなどでエクササイズを行なうことです。
継続した運動をすることで筋力や体力も鍛えられます。

タバコやお酒やコーヒー

他にもストレスを溜めないことやタバコやお酒やコーヒーは避けるなども大切です。

葉酸サプリ気を付けること

葉酸サプリ気を付けること:妊娠中の一日の摂取量

妊娠の初期という大事な時期に葉酸が不足してしまうと、大切な胎児に神経管閉鎖障害が起きるリスクが高くなってしまいます。

妊娠中の一日の摂取量は480μg

妊娠中の一日の摂取量は480μg

そこで、妊婦は積極的に葉酸を摂取するように勧められています。
妊婦が一日に摂取しておきたい葉酸の推奨量は480μgであると言われています。
それで、自分の毎日の献立をよく吟味して、葉酸の摂取量が480μgになるよう工夫することができるでしょう。
しかし、一般の食品だけで必要量を摂取するのは難しいことです。
さらに言えば、葉酸には熱に弱いと同時に、簡単に水に溶けだしてしまうという性質を持っているため、基本的には、推奨量をすべて食品から摂るのはできないでしょう。

400μgを栄養補助食品から摂取

そのため、葉酸の推奨量は480μgではありますが、そのうちの400μgを栄養補助食品から摂取するのがベストであると言われているのです。

葉酸を含む食品と葉酸サプリを組み合わせる

そこで、妊婦が是非とも積極的に利用したいのが葉酸サプリであると言えるでしょう。
葉酸サプリからの摂取は400μgが勧められています。
例えば、
葉酸を102μgほど含むネーブルオレンジ一個に、
葉酸サプリを一粒プラスするといった方法でも、
サプリからの摂取は400μgという条件にあった食事ができるでしょう。

葉酸過剰症・葉酸欠乏症

飲み始める時期:妊娠中の葉酸摂取について

妊娠中の葉酸摂取の重要性は広まりつつありますが、母子手帳をもらって初めて知ったという人もまだ多いのが現状です。

妊娠中

先天的な奇形を予防

妊娠中に葉酸を摂取することで赤ちゃんの無脳症や脊椎二分症といった命に関わる危険がある先天的な奇形を予防することが可能になることがわかったことから、妊娠中に葉酸の摂取が重要視されています。

授乳期

また、葉酸は授乳期になっても母乳を作る原料となるため推奨摂取量は一般的な成人女性よりも多くなっており、食べ物よりも効率のいい摂取ができる葉酸サプリを服用する妊婦さんやママが増えてきています。

妊娠前

妊娠を希望する1か月前からの葉酸の摂取が推奨

しかし、葉酸サプリは妊娠してからだけではなく、妊娠前から摂取しておくことが重要です。
赤ちゃんに葉酸が必要な時期は妊娠初期のため、場合によっては妊娠していることに気づかない人もいる可能性もありますので妊娠を希望する1か月前からの葉酸の摂取が推奨されています。
また、葉酸は受精卵が子宮内膜に着床するのを促進したり、着床後の受精卵の成長を助ける働きがあるため、妊娠を望んでいる女性も服用を行うことで妊娠する確率を上げることができると言われています。

  • 受精卵が子宮内膜に着床するのを促進
  • 着床後の受精卵の成長を助ける
  • 妊娠率の上昇
  • 赤ちゃんの先天的な奇形の防止

妊娠前から摂取を行うことで妊娠率の上昇と赤ちゃんの先天的な奇形の防止にも役立ちます。

【今買いたい!葉酸サプリメント】
葉酸鉄分の保有量が随時代わるので、最新版をピックアップしました
>>信頼性の高いのサプリを集めたランキングはこちら<<

\ SNSでシェアしよう! /

葉酸サプリメントは妊娠前・妊娠中・産後の授乳期をサポートの注目記事を受け取ろう

葉酸はいつからいつまで飲むの

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

葉酸サプリメントは妊娠前・妊娠中・産後の授乳期をサポートの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!