葉酸過剰症と葉酸欠乏症について

葉酸過剰症・葉酸欠乏症

葉酸過剰症・葉酸欠乏症

 

妊活中の人や妊娠中、あるいは出産後の女性は、医師からも摂取を促されますし、色んな本などにも記載されているため意識的に葉酸を取り入れるようになります。

 

 

摂取量の目安

 

手軽さと確実性からサプリメントを利用する人が割と多いですが、気をつけるべきは、摂取量です。
妊娠していないときには、240μgほどで間に合いますし、妊娠しているときでも400μgから480μgを摂取できれば十分です。

 

  • 妊娠していない時:240μg
  • 妊娠中:400μgから480μg

 

葉酸多すぎても少なすぎてもいけない

 

葉酸過剰症とは

 

上限が1000μgという数値を見たことがある人は、目安量より過剰に摂取しがちです。
必要以上に多く取り続けてしまうと、葉酸過剰症になってしまうことが考えられます。
発熱や蕁麻疹、かゆみなどが主な症状で、ひどい場合には呼吸障害に至ってしまう場合があります。

 

葉酸欠乏症とは

 

葉酸過剰症が怖いからと、普段から量を減らしてしまうと葉酸欠乏症になる人もいて、赤血球の働きに影響を与えてしまいます。

 

 

葉酸が欠乏すると起こる症状

 

赤血球の容積が大きくなる傾向が見られて、酸素を運ぶ機能が低下することから、巨赤芽球性貧血という貧血を起こします。

 

貧血になるほどまで状態が悪化していると、他にも自覚症状として口内炎、食欲不振や下痢による体重減少を起こす事が多いです。

 

葉酸は適切な量を守りましょう

 

体に多大な影響を与える栄養成分ですから、適切に摂取して、葉酸過剰症や葉酸欠乏症にならない予防をしましょう。