葉酸は妊娠初期の胎児の神経管が形成される時期には不可欠な栄養素

妊娠初期に葉酸がおすすめ

妊娠初期に葉酸がおすすめ

 

葉酸は妊娠初期に不足しがちな栄養素です。
葉酸を多く含む食品を食べたりサプリなどで補っていきましょう。

 

葉酸は生命維持に必要なビタミンB群の一種です。
遺伝子情報をつかさどる核酸の合成、細胞分裂の促進、赤血球の合成などの役割を持っています。葉酸は妊娠初期の胎児の神経管が形成される時期には不可欠な栄養素です。

 

 

葉酸で胎児の様々なリスクを軽減

 

葉酸で胎児の様々なリスクを軽減

妊娠初期に十分な量を摂取すると神経管閉塞障害という胎児の先天性異常の発症のリスクを軽減し、神経性障害児を出産する率も軽減でき早期流産予防にもなります。

 

 

妊娠した女性にも葉酸がおすすめ

 

また、妊娠を希望する女性は葉酸を摂取することで子宮内膜が強くなり受精卵が定着しやすくなります。
妊娠前・妊婦両方の方に必要な栄養素です。

 

 

妊婦高血圧予防に葉酸

 

妊娠20週〜分娩後12週の間に高血圧にと伴うむくみ、頭痛、めまい、胃痛、吐き気がおこることがあります。
これを妊婦高血圧と言います。
妊婦の10人に1人が経験するといわれています。

 

塩分を控えめにしたり、ストレスをためないようにしたり、バランスのよい食事をすることがすすめられていますが、葉酸を摂取することで血流改善による血圧降下が妊婦高血圧の予防につながると研究者や専門家が指摘しています。

 

 

一方、葉酸が欠乏すると巨赤芽球性貧血といって赤血球が生産されなくなる症状が現れます。

 

 


妊娠中は積極的に葉酸を

 

妊娠中は積極的に葉酸を葉酸とはビタミンB群の一種で、細胞を増殖するためのDNAやRNAの合成に働きかけ、細胞分裂を促し、発育に必要な栄養素です。

 

特に妊娠前から妊娠・妊婦の女性は積極的に摂取することが推奨されています。
妊娠前から摂取することによって子供の先天的な障害である神経管閉鎖障害のリスクを軽減できるようになります。

 

また、造血ビタミンともよばれており、新しい赤血球を作り、貧血などを予防する効果を期待することができます。

 

 

授乳期にも葉酸は必要

 

授乳期にも葉酸は必要授乳中にも葉酸は必要となります。

きちんと摂取することによって母乳を作り出す血液の原料になったり、母乳の栄養になり成長を促す細胞分裂にも関わってきます。

 

不足してしまうと母乳が作られなくなってい、質の悪い母乳になってしまいます。
質の悪い母乳は赤ちゃんにも影響すると考えられています。

 

葉酸は基本的に男女関係なくすべての世代において必要な栄養素です。