葉酸サプリメント

なぜ今、葉酸が注目されているの?

なぜ今、葉酸が注目されているの?

 

葉酸は造血作用において重要な役割を果すビタミンと言われます。
めまいや貧血に効果があることが知られています。
そのた葉酸とは水溶性のビタミンB群の一種になります。

 

葉酸が不足すると・・・

 

不足してしまうと、神経障害や動脈硬化、腸のトラブルなどを起こしやすくなります。
葉酸は食事などで補うことが難しく、ほとんどの方が不足していると言われています。
サプリメントは飲むだけなので一番摂取しやすい方法として知られています。

 

  • 胎児の発育を助ける
  • 赤ちゃんの先天性異常の発症率を下げる
  • 不妊治療
  • 子宮頸がんの発症率を下げる
  • つわりの緩和

 

葉酸は妊娠中の女性におすすめ

 

最近では、妊娠・妊婦にも良いことが分かってきました。
胎児の発育を助ける効果があるとされています。

 

葉酸妊娠し初めに葉酸を摂取することによって、赤ちゃんの先天性異常の発症率が下がったとされています。
子宮内膜を強くする働きもあるので、不妊治療にも効果があるとされています。

 

 

子宮頸がんの発症率を下げる

 

他にも子宮頸がんの発症率を下げてくれたりする効果があるようです。
つわりの緩和にも役に立つといわれています。

 

注意することは、葉酸の摂り過ぎです。

 

葉酸を摂取し過ぎてしまうと、葉酸過敏症という症状が発症してしまう場合があるそうです。
これが発症してしまうと、発熱やじんましんが起こってしまいます。

 

健康に良いからといって、飲みすぎるのではなく、摂取するには一日に適切な量を守る必要があります。


厚生労働省もすすめる「葉酸サプリ」

厚生労働省もすすめる「葉酸サプリ」

 

葉酸は妊娠・妊婦の人特に薦められている成分のひとつです。
その理由は、葉酸が不足することによって、妊娠初期の胎児へのリスクが高くなってしまうからです。

 

葉酸サプリは、ビタミンB群の一種である葉酸が配合されているサプリメントです。
葉酸は水溶性のビタミンで、1941年にほうれん草の葉から発見されました。

 

それにより葉酸という名がついたと言われています。
葉酸はほうれん草やかぼちゃなどの緑黄色野菜や納豆、枝豆、レバー、焼きのり、いちごなどの果物に多く含まれています。
それから葉酸は、体内で様々な働きをする栄養素です。

 

 

葉酸の役割と働き

 

まず、葉酸は体内で代謝に深く関わっており、核酸の生成に重要な役割を果たしています。
核酸とは、遺伝子情報を持っているDNAと体内でタンパク質を合成するRNAのことをいいます。

 

また、葉酸には細胞分裂を促進する働きもあります。
人の身体は小さな細胞から出来ており、その細胞が分裂したり増殖したりを繰り返すことにより生命を維持しています。

 

その他にも葉酸には、血液中の赤血球をつくる働きもあります。
そのため葉酸は造血ビタミンと呼ばれることもあり、不足してしまうと貧血などの症状が起こることもあります。

 

 

妊娠がわかったら葉酸サプリ 妊活中の方も

 

葉酸は人の身体に必要不可欠な栄養素の1つですが、特に妊娠初期の摂取が重要と言われています。
妊娠初期にはお腹の胎児の細胞分裂が盛んに行われるので、葉酸の必要量も増加します。
葉酸が不足してしまうと、お腹の胎児が神経管閉鎖障害を発症するリスクが高まることが分かっています。

 

神経管閉鎖障害とは赤ちゃんの先天異常の一種で、神経管の下部に異常が発生する二分脊椎症や上部に異常が発生する無脳症などの症状が現れます。
二分脊椎症の場合には、下半身の神経が麻痺して歩行障害や運動障害が起こったり、排尿や排便が上手くできないなどの症状が現れることがあります。

 

また、知的障害が発症する場合もあり、成人しても障害が残ることもあります。
無脳症は脳がつくられない疾患です。

 

脳以外の臓器は成長を続けますが、脳がないと生きていくことができないので、流産や死産になってしまうことがほとんどです。
こういった神経管閉鎖障害の発症リスクを減らすためにも、葉酸の摂取が重要とされています。
しかし、食事から必要な葉酸の量を摂取するのは簡単なことではありません。
そのため、厚生労働省は葉酸サプリでの摂取を推奨しています。

 

 

厚生労働省が推奨する摂取量

 

例えば、流産や胎盤早期剥離、二分脊椎などが挙げられますが、中でも葉酸を不足なく摂取することで神経管閉鎖障害の予防に効果的であるといわれています。
また、妊婦の貧血予防にも効果があります。

 

厚生労働省では、妊娠中であれば1日当たり480μgの葉酸を摂取するよう勧告しています。

 

 

必要摂取量を得るには葉酸サプリ

 

葉酸はいろいろな食材に含まれていますが、水溶性のビタミンであるため、熱や水に弱い性質です。
調理段階で成分が減少してしまうため、必要摂取量を得るのはなかなか難しいといえます。
そこで、おすすめなのが葉酸サプリです。

 

 

葉酸サプリなら確実に必要量が得られる

 

葉酸サプリの場合、1日に必要な摂取量が凝縮されているので、確実に必要量を摂取することができます。
食材から摂取できる量には限界があるため、葉酸サプリの用法、用量を守れば、過剰摂取になることはありません。

 

 

つわりなどで食欲がない時期にもおすすめ
妊婦向けの葉酸サプリには、妊婦が不足しがちな他の成分も効率よく摂取できるように成分が配合されているので、つわりなどで食欲がない時期にもおすすめです。

 

 

天然葉酸

 

葉酸には、食品に含まれる天然葉酸化学的に合成された合成葉酸があります。

 

天然葉酸は水溶性のため水に溶けやすいという性質があります。
食品を洗ったり、水につけたりすると葉酸が水に溶け出してしまい、その量は減ってしまいます。

 

また、熱に弱い性質もあるので、葉酸が含まれている食品を茹でたり、煮たりすると葉酸の一部が失われてしまいます。
そのため天然葉酸の場合、食品に含まれている葉酸の含有量よりも摂取される量は減ってしまうのです。

 

それぞれの食品によって葉酸の失われやすさは異なりますが、元々の含有量の30%から80%が失われると言われています。

 

 

合成葉酸

 

合成葉酸は、サプリメントから摂取できる葉酸のことをいいます。
天然葉酸に比べると吸収率が良いので、厚生労働省も合成葉酸の摂取を推奨しています。
合成葉酸の摂取量は、1日当たり400?とされています。

 

葉酸サプリにも「食品から抽出したもの」と「化学合成から抽出したもの」の2種類があります。
どちらにしても葉酸サプリを選ぶ際は、食品由来から抽出されているものを選ぶと良いかと思います。

 

>>人気の葉酸サプリランキング<<

 

 

葉酸を正しく摂取できていない日本女性

 

現代の日本女性は、必要とされる葉酸を摂取できていないと言われています。
3食きちんと食事をしていても、栄養バランス良く食べるのは難しいですし、外食が多いなど不規則な食生活をしていると、それよりも少ない葉酸しか摂取できていません。

 

また、女性の場合はダイエットなどで食事制限をしていることも多いため、必要な栄養素を摂取できていないということもあります。葉酸は体内に蓄積することはできないので、毎日摂取する必要があります。

 

それから、葉酸の摂取が特に重要とされているのは妊娠初期ですが、初期の段階ではまだ妊娠に気づいていないことも多く、サプリメントなどの摂取が遅れてしまうこともあります。

 

葉酸は正しく摂取

 

妊娠中の女性や妊娠を希望する女性は、普段から栄養バランスの良い食生活をすることがとても大切です。
しかし、それだけでは不足する葉酸を補うことはできません。

 

葉酸サプリを利用して、必要量をしっかりと摂取する必要がありまます。また、妊娠に気づいてから慌てないためにも、妊娠する前から葉酸を積極的に摂取することが重要です。


そもそも葉酸とはなあに?

そもそも葉酸とはなあに?

 

葉酸とは、広い意味ではビタミンB群の一種となる栄養素で、一般的には造血ビタミンとも呼ばれています。

 

葉酸をしっかりと吸収することで、体の中では赤血球が作られ、丈夫な血液が全身へと行き渡る仕組みになっています。

 

 

妊婦さんは意識して葉酸を摂りましょう

 

さらに、成長を促進させる栄養素としても非常に重要ですから、子供にとっても欠かせません。
妊婦にとっては特に必須となる栄養素で、目標摂取量も多く設定されています。

 

 

食品から摂取するには

 

葉酸の1日の理想的な摂取量

造血成分となる葉酸は、日常的な食事ではレバーなどの肉類をはじめとして、アブラナなどの葉物野菜に多く含まれています。

肉類では臓物の部位にも含まれるため、ニラなどの野菜も豊富なモツ鍋にして食べると効果的に摂取できます。

 

葉酸は、野菜に多く含まれています。
代表的な野菜はほうれん草ですが、ブロッコリーやかぼちゃ、枝豆、モロヘイヤなどの野菜にも含まれています。
エリンギやマイタケ、えのきだけなどのきのこ類にも含まれています。

 

また、野菜以外にもいちごやみかん、バナナ、キウイ、アボカドなどの果物にも含まれています。
それから、焼きのりやイワシ、納豆、レバーペースト、ウナギの肝などにも多く含まれるとされています。
これらの食品に含まれている葉酸は天然葉酸と呼ばれるもので、1日あたり480?を摂取するのが良いとされています。

 

 

茹でる調理は汁も飲む料理にしましょう

 

葉酸は水溶性のビタミンに分類されていることから、茹でるだけの調理法では、溶け出してしまうこともあります。
効果的に摂取するためには、ホウレンソウや小松菜などは味噌汁に入れるなどして、余すことなく摂取することが大切です。

 

 

サプリも利用

 

葉酸の欠乏は妊婦にとっては死活問題になるため、サプリも利用して摂取することもあります。

 

実際に食事だけで摂取するためには、大量の野菜や肉類を食べなければいけないため、消化吸収に優れたサプリを選ぶことは理にかなっています。


理想的な葉酸の摂取量

1日の理想的な摂取量 240μg
妊娠前から妊娠中の1日の理想的な摂取量 480μg

 

1日の理想的な摂取量は成人の男女ともに240μgが推奨されています。
最も必要となる妊娠前から妊娠中の1日の理想的な摂取量は480μgが推奨されています。
通常の二倍もの葉酸が必要となりますが、食事で摂るのは難しいため食事を気をつけるとともにサプリメントの併用がおすすめです。

 

 

葉酸サプリは無添加のものを探した

オーガニックレーベルの葉酸

妊娠を望んだら葉酸を積極的に摂ることが必要ということが念頭にあったので早めに摂り始めました。

 

普段の食生活の中だけでは足りないと思ったのでサプリを飲むことにしましたが、その時に少しでも体に負担がかからないものということで無添加のものを探し、オーガニックレーベルの葉酸を選びました。

 

妊娠後のつわりのときにもサプリなら手軽に飲むことが出来、私の体にも合っていたようなので問題なく、そして健康的な妊娠生活を送ることが出来ました。

 

高齢出産なので心配だった

妊娠サプリ kodakara

長い不妊治療の末、やっとのことで赤ちゃんを授かりました。

しかし、そのときには高齢出産となる歳になっており、赤ちゃんが無事に育つかどうか不安に感じていたことも確かです。

 

そのため、赤ちゃんのために葉酸が入っているサプリを探しました。見つけたのが妊娠サプリ kodakaraです。

 

いろんなサイトで売られていましたが、公式サイトの方がお得でした。
飲んだおかげか無事に赤ちゃんが産まれ、なんの問題もなくすくすくと育っています。

 

つわりのときも飲みやすいものを探した

ベジママ葉酸サプリ

妊活中、妊娠してから葉酸は摂った方がいいと言われていたので、サプリメントで葉酸を補っていました。

私が選んだものは、ベジママ葉酸サプリです。
栄養度の高い成分、天然成分配合で妊娠中でも安心して飲めました。

 

妊娠初期はつわりがひどかった為、食べ物により飲んだり食べたりできない物が多くありましたが、ベジママ葉酸サプリはつわりがひどくても大丈夫でした。

 

粒が小さいし、ニオイも気にならないので飲みやすかったです。
ママにふさわしい健康的な身体をサポートすることができました。

 

妊活中、友人が葉酸サプリを薦めてくれた

ベルタ 葉酸サプリ

妊娠前から葉酸は摂取していた方がいいと聞いていたので、結婚してすぐに葉酸のサプリを探していました。

 

そんな時、友人からベルタ 葉酸サプリの事を聞きました。
女性に不足しがちな成分をバランス良く配合し、妊娠中に必要な成分も豊富に含まれていました。

 

しかも無添加でプレママの間でも大人気、信用度も高く、これはいいと思い飲み始めました。